花の四姑娘山トレッキングと大姑娘山登頂

 四姑娘山は四川省成都市から西北220キロの日隆鎮に位置し、専用車で約7時間ぐらい掛かります。4連峰あるから、四人の手を繋いでいる娘の山と名付けられ、四姑娘山6250mの他に三姑娘山5355m、二姑娘山5276m、大姑娘山5025mと四川省横断山脈の四つの雪山からなっています。特に四番目の四姑娘山は絶壁が切立つゆえに登山家の夢に憧れてる登山聖地です。また、自然景色の素晴らしさから「東方のアルプス」; 四川省の「ニヤコンカ山」に継ぐ2番目大きな雪山なので、「蜀山の王後」などとも呼ばれています。
 また、高山植物の宝庫と呼ばれてる四姑娘山には季節により、様々な高山植物が現れてきます。5月からシャクラゲ、桜草など、6月から 8月までは青いケシ、赤いケシ、黄色いケシ、白いケシを始め、エーデルワイス、草ジンチョウゲ、アツモ リそう、キランソウ、キンポーゲなどの花が山一杯に咲きますので、植物愛好家達の楽園になります。それに、海抜一番低い大姑娘山は山トレッキングの一番いい所で、技術的に特に難しい所がなく、アイゼ ン、ピッセルなどの装備は通常必要ありませんなので、日本と中国の登山愛好家に愛着されています。


四姑娘連山(左より四姑娘山6250m、三姑娘山5355m、二姑娘山5276m、大姑娘山5025mガスがかり)

行程(平成22年7月3日~7月12日、10日間)
1日目●成田~上海~成都 青いケシ紫のケシ
2日目●成都~雅安(パンダセンター)~夾金山峠4114m~日隆3150m
3日目●日隆~高所順応トレッキング3600m
4日目●日隆~大姑娘山ベースキャンプ(BC)3600m
5日目●BC~高所順応トレッキング4000m~花海子、大海子散策
6日目●BC大姑娘山アタックキャンプ(C1)4350m
7日目●C1~コル大姑娘山登頂5025m~コルBC3600m
8日目●BC~日隆
9日目●日隆~夾金山峠4114m~成都
10日目●成都~上海~成田
 行程終り

四姑娘山は成都市から西北約220キロに位置


四姑娘山、三、二、大姑娘山の四つからなる

雅安パンダセンター

雅安パンダセンター

夾金山峠4114m

夾金山峠は標高4114m


折り返しの道で夾金山峠を越える







花の名前は現在記述中です。少しお待ちください



紫のケシ

紫のケシ




アズマギク



赤いケシ

赤いケシ

紫のケシ



サクラソウ
紫のケシ
サクラソウ
日隆3150m散策

日隆の町並み


周りの山々には牛馬やヤクが放飼いにされている




ステレラカマエヤスメ

ハクサンフウロ








エーデルワイス





アツモリソウ

BC3600mへ

左より四姑娘山6250m、三姑娘山5355m、二姑娘山5276m、大姑娘山5025mガスがかり)


対岸の山村には菜の花が咲いている


我々の荷物を運ぶ馬達


馬を利用して散策するのも楽しい
















サクラソウ


サクラソウ

エーデルワイス


サクラソウ




BC3600m~C1 4350m

大姑娘山BC


花海子


大海子


左は二姑娘山5276m、右の山の左側に沿って登ると大姑娘山C1に着く


大姑娘山コルの下にある大姑娘山C1 4350m。中央に大姑娘山5025mがガスに隠れている





サクラソウ




















C1 4350m~大姑娘山登頂5025m

大姑娘山コル


大姑娘山雪渓より頂上を望む


大姑娘山登頂5025m


5000m超の夢を叶え満足気な筆者




ヤマハハコ

青いケシ

黄色のケシ

紫のケシ

青いケシ

エーデルワイス





エリトリキュウム





エーデルワイス
 花の四姑娘山トレッキングと大姑娘山登頂
 
ホーム プロフィール 故郷金沢 日本百名山完登歴 年度別山旅集 山岳標高ベスト100登頂歴 冬山登山 パノラマ写真館 雷鳥との出会い
日本の活火山 日本三百名山
世界百名山 世界自然遺産 都道府県の最高峰 一等三角点百名山 花の百名山 山の用語集