イグアスの滝

イグアスの滝
 南米大陸のアルゼンチンとブラジルの二国にまたがる世界最大の滝である[地図]。イグアスとは先住民のグアラニ族の言葉で大いなる水という意味である。イグアス川の下流にあり、この滝を含むブラジルのイグアス国立公園とアルゼンチンのイグアス国立公園は、ともにユネスコ世界遺産に登録されている。中でも、最大落差80メートル以上で、「悪魔の喉笛」が有名な観光名所である。ここへは歩いても船でもヘリコプターでも観光できる。
 イグアスの滝は最大落差こそ80 mと意外に少ないものの、驚くべきはその滝幅。約4kmにわたって大小300の滝が一度に流れる様子は、まさに圧巻。かの有名なナイアガラの滝が最大落差54m、滝幅が約670 mというから、約6倍、いかに大きいかがわかる。
アルゼンチンからのアプローチ
 滝へのゲートウェイとなる町はプエルト・イグアスである。街中のバスターミナルから路線バスに乗り、国立公園内のビジターセンター前で降りた後軽便鉄道に乗り換えて終点の遊歩道入り口まで行き、そこから歩いて滝を見るのが一般的なルートである。アルゼンチン側の景観は、大小無数の滝がかかっているのが大きな特徴であり、それを縫うようにして掛けられている遊歩道を歩きながらその景観を楽しむことができる(遊歩道は、滝を上から眺めるルートと下から眺めるルートの2つがある)。
 なお、アルゼンチン側の遊歩道からは、「悪魔の喉笛」を上から見下ろすような格好で眺めることができる。また、川の中州にあるサンマルティン島へ向かう船着場から滝つぼに飛び込むボートツアーが出ている。
ブラジルからのアプローチ
 滝へのゲートウェイとなる町はパラナ州フォス・ド・イグアスである。街中から空港経由国立公園入口行きの路線バスに乗り、終点にあるビジターセンターで専用のシャトルバスに乗り換え、終点の一つ手前のホテル前から遊歩道を歩いて滝まで行くのが一般的なルートである(この遊歩道は過去の増水時、観光客を乗せたまま崩壊したことがある)。
 アルゼンチン側とは景観が多少異なり、こちらはそれほど多くの滝はないが、一つ一つの滝が大きいのが特徴であり、アルゼンチン側にある「悪魔の喉笛」と変わらないくらい迫力のあるシーンを何度か楽しむことができる。また、展望台から「悪魔の喉笛」を対岸から見ることが出来る。

行程(平成23年11月29日~12月12日、14日間)
1・2日目●成田~アトランタ~チリ・サンチャゴ~プンタアレーナス クリックで拡大
イグアスの滝地図
3・4日目●プンタアレーナス~ペンギンコロニー~ミロドン洞窟~パイネ国立公園~パイネトレッキング
5・6日目●パイネ国立公園~アルゼンチン・カラファテ~ペリト・モレノ氷河トレッキング
7・8日目●カラファテ~チャルテン~フィッツロイを望むカプリ湖トレッキング~ドスコンドル山登頂
9・10日目●チャルテン~カラファテ~ブエノスアイレス~プエルトイグアス~「鳥の家」(バードパーク)
11・12日目●プエルトイグアス~イグアスの滝~ブエノスアイレス~タンゴショー~アトランタ
13・14日目●アトランタ~成田
 行程終り

「悪魔の喉笛」を上から見下ろす


モーターボートで滝を下から見上げる


「悪魔の喉笛」近くの虹を上から見下ろす


モーターボートで滝に接近


圧巻、これから滝に突っ込んで行く


軽便鉄道に乗る


遊歩道での珍しいチョウ88


遊歩道での珍しいトリ


「悪魔の喉笛」に接近、水飛沫が見える


遊歩道終点「悪魔の喉笛」だ


「悪魔の喉笛」、巨大だ


歩道近くに大トカゲの頭


大トカゲ


1


滝2


滝3


滝4


滝に虹が


滝5


プエルトイグアス空港でも珍しいチョウ88が


プエルトイグアス空港

以下は、前日プエルトイグアスに在る「鳥の家」(バードパーク)での美しい鳥や花の写真12枚の紹介です





































モーターボートで滝に接近、水飛沫が全身に降り注ぐが気分は爽快だ、もの凄い迫力だ


ど迫力に我を忘れてしまった!


もう一度「悪魔の喉笛」をどうぞ

  イグアスの滝
 
ホーム プロフィール 故郷金沢 日本百名山完登歴 年度別山旅集 山岳標高ベスト100登頂歴 冬山登山 パノラマ写真館 雷鳥との出会い
日本の活火山 日本三百名山
世界百名山 世界自然遺産 都道府県の最高峰 一等三角点百名山 花の百名山 山の用語集