アラスカ・デナリ国立公園 

ワンダーレイクよりマッキンリー6,168m(右)

アラスカ
 アラスカは、アメリカ合衆国最北端にある州。アリューシャン列島を含む。北アメリカ大陸北西の端にあり、ハワイ州を除いた他の48州とはカナダを挟んで飛地になっている。アメリカ合衆国の州の中では面積最大であり、東はカナダ、北は北極海、西と南は太平洋と接し、西のベーリング海を隔ててロシアとも海上の国境がある。
2010年国勢調査による人口は710,231人であり、その約半分はアンカレッジ都市圏に住んでいる。州都はジュノー市で、最大都市はアンカレッジ市である。海港アンカレッジはかつてアジアとアメリカおよびヨーロッパを結ぶ航空路線の寄港地として知られた。アメリカ合衆国の州の中では人口密度最小の州でもある。アラスカは1867年3月30日にロシア帝国からアメリカ合衆国が買収した。その後幾つかの管理形態の変遷を経て、1912年5月11日にアラスカ準州、1959年1月3日にアラスカ州となった。
フェアバンクス
 フェアバンクスはアラスカ州で二番目に大きな都市で、世界的にオーロラ観測と研究の都市として有名である。オーロラベルトに位置するこの都市は、冬のシーズンは晴れれば8~9割近い確率でオーロラが見られるとか!また、郊外にあるチェナ温泉は温泉好き日本人が多く訪れる名所!温泉につかりながらオーロラが見られるかも!?また、フェアバンクス市内にあるアラスカ大学博物館の展示は見ごたえがあり、この地で暮らす先住民たちの文化やアラスカの大自然を学ぶことができる。
デナリ国立公園
 
デナリ国立公園は、アラスカ州内陸部に位置し、北米最高峰のマッキンリー山(デナリ)を含む米国の国立公園である。国立公園の面積は、24,585 km²(9,492 平方マイル)である。「デナリ」 ("Denali") という言葉は、先住民アサバスカンの言葉で、「偉大なもの」を意味し、マッキンリー山自体を指す。マッキンリー山は、1897年地方検事ウィリアム・A・ディッキーにより、オハイオ州出身のウィリアム・マッキンリー大統領に因んで名付けられたのだが、マッキンリーはこの地域と関係がなかった。
チャールズ・シェルダンは、地域固有種のドール・シープに興味を持ち、人間の闖入がその種を脅かしているのではないかと懸念するようになった。1907年から1908年にかけての滞在の後、彼はアラスカ州民と議会に対し、ドール・シープのための禁猟地を創設するよう請願した。1917年2月26日、公園は、マッキンリー山国立公園として設立された。皮肉なことに、マッキンリー山の一部だけしか、設立時の公園には含まれていなかった(頂上すら含まれていなかった)。1976年、公園は生物圏保護区に指定された。
公園の最も標高が低いところでは、落葉性のタイガを含む混合林がある。また、中程度の標高のところではツンドラがあり、最も高いところでは氷河、岩、雪がある。今日では、野生動物の観察、登山、トレッキングを楽しむ40万人以上の観光客が公園を訪れる。冬季のレクリエーションとしては、イヌぞり、クロスカントリースキー、スノーモービルなどが認められている。
カンティシュナ

 デナリ国立公園自然保護区の中での宿泊場所と言えばカンティシュナである。国立公園には属しないが、公園に囲まれたこの場所は、大自然そのものを体感できる場所である。道の外れにある豪華なリゾート施設は、公園までの送迎サービスを行っている。晴れた日にマッキンリー山が頭上に迫ってくる体験は、カンティシュナ以外では考えられない。カンティシュナの歴史は、1905年にユーレカ・クリークとムース・クリークの接合点にある金鉱採掘キャンプとして始まった。この地域の金鉱には多くの採掘者たちが群がったが、金が枯渇するとカンティシュナ・ヒルズへの関心も薄れてしましまった。現在、カンティシュナと周辺地域は、夏には135人が暮らし、冬は誰もいなくなる私有地となっている。
アラスカ鉄道

 アンカレッジからフェアバンクスへ片道12時間を掛けて走る列車。途中タルキートナ とデナリ国立公園に停車し、そこから様々なフライトやバスツアーを利用できる。行程は356マイルしかないが、山や峡谷を通り抜けるために曲がりくねった線路を走り、最高速度が59マイル毎時に過ぎず、しばしば30マイル毎時以下に落とすため、12時間も掛かる。

行程(平成25年8月31日~9月8日、9日間)
1・2日目●成田~シアトル~フェアバンクス~ノースポール~エンジェルロック~チナ温泉
アラスカ地図拡大             
デナリ国立公園拡大
3日目●フェアバンクス~デナリ国立公園~カンティシュナ
4日目●カンティシュナ~デナリ国立公園中級トレック
5日目●カンティシュナ~デナリ国立公園上級トレック
6日目●カンティシュナ~マッキンリー周遊フライト~デナリ国立公園中級トレック
7日目●カンティシュナ~デナリ国立公園~アラスカ鉄道~アンカレジ
8・9日目●アンカレジ~シアトル~成田
 行程終り
フェアバンクス

シアトル空港からフェアバンクスへ


フェアバンクスのホテルへ


フェアバンクスは静かな町だ


ホテルの横でパーティ


クリスマスの町ノースポール


クリスマスの町散策1


散策2


散策3


散策4


アラスカ大学北方博物館にて→


白くまの剥製


白くま、オットセイの剥製


セイウチの剥製


オオヤマネコの剥製


カワウソ、テンの剥製


クズリの剥製


エンジェル ロックに登山する

登山


花1


花2


花3


エンジェル ロック

エンジェル ロックにて

下山

デナリ国立公園

ノースフェイス・ロッジ全景(ここに4連泊)、デナリ国立公園に囲まれたカンティシュナに在る


ワンダーレイク、マッキンリーが右に見えるはずだがガスで見えず


現地での上級登山コースを登る


デナリ国立公園のすばらしい紅葉1


デナリ国立公園のすばらしい紅葉2


デナリ国立公園の山々1


デナリ国立公園の山々2


デナリ国立公園(空撮1)


デナリ国立公園氷河(空撮2)


デナリ国立公園氷河とクレバス(空撮3)


デナリ国立公園氷河とブルーホール(空撮4)


デナリ国立公園(空撮5)


ようやく見えてきたマッキンリー6,168m(右)


デナリ国立公園の夕暮れ


デナリ国立公園入口でノースフェイス・ロッジ
のバスに乗換える

パークロードを西に向かう


サベージ・リバーでピクニック・ディナー


アイルソンビジターセンターで


アイルソンビジターセンター標識


マッキンリー標識


4連泊のノースフェイス・ロッジ


ロッジ内部


現地での中級登山コースを登る


紅葉1


ワンダーレイクにて


紅葉2


紅葉3


紅葉4


現地での上級登山コースを登る


持つのはカリブーの角


カンティシュナに在るマッキンリー周遊フライト機


空撮1


空撮2


空撮3


空撮4


飛行場入口


アイルソンビジターセンター


アイルソンビジターセンターにて


カリブー1


ライチョウ1


ライチョウ2


ライチョウ3


ライチョウ4


カリブー2


カリブー3


ドールシープ


グリズリーベア1


グリズリーベア2


ムース


ハイイロオオカミ

アラスカ鉄道

アラスカ鉄道、デナリ国立公園駅にゆっくり到着


アラスカ鉄道全景


車窓から虹が


アンカレジの夜景、静かな街だ


アラスカ鉄道と共に


虹が二本見えるかな


ヒルトン アンカレジに宿泊


アンカレジの夜景

アラスカ・デナリ国立公園 

ホーム プロフィール 故郷金沢 日本百名山完登歴 年度別山旅集 山岳標高ベスト100登頂歴 冬山登山 パノラマ写真館 雷鳥との出会い
日本の活火山 日本三百名山 世界百名山 世界自然遺産 都道府県の最高峰 一等三角点百名山 花の百名山 山の用語集