アルゴンキン・ナイアガラの滝

アルゴンキン
 トロントから車で北へ約3時間。そこには、東京都の3倍以上の広さを持つ自然地帯アルゴンキン州立公園が広がっています。メープルやポプラ、ホワイトパインなどの木々に覆われた深い森、所々に顔を出すごつごつとした岩肌。そして無数に点在する大小の湖、それらを結んで長大な水路が巡っています。その総距離はなんと2000km以上。ここは世界のカヌーイストが憧れる、パドリング・パラダイスとしても知られています。また、様々なハイキングコースも充実しており、自然と同化した休日を楽しめます。
 もちろん、この深い自然の中にいるだけでも、全身がほぐれていくような気持ちよさ。公園内を通過する道路は国道60号線1本だけ。自然が保たれた公園内部は、四季折々の美しさに彩られ、野生動物たちの楽園でもあります。ほ乳類だけでも54種類、野鳥にいたっては272種類が観測されており、60号線をドライブしている途中にも、ムースなどの大型動物に遭遇することしばしばです。
ナイアガラの滝
 世界3大瀑布のひとつ、ナイアガラの滝。エリー湖からオンタリオ湖へと流れるナイアガラ川の中間地点に位置し、落差52m、幅675mで馬蹄型をしたカナダ滝と、落差34m、幅320mでまっすぐに流れ落ちるアメリカ滝(国境を越えたアメリカ側)の2つからなります。とりわけ、カナダ滝は一大スペクタクルというべき迫力。膨大な水量と地底から響いてくるような轟音、そして高く立ち昇る水しぶきで、見る者を圧倒します。
先住民はこの流れを畏怖し「オンギアーラ」(とどろく水)と呼びました。それが、ナイアガラの名の由来ともいわれます。トロントから車で約90分というアクセスの良さもポイントです。


アルゴンキン州立公園


ナイアガラの滝(アメリカ滝とカナダ滝(右))

行程(平成23年9月23日~9月29日、7日間)
1日目●成田~トロント~ナイアガラ・オン・ザ・レイク クリックで拡大
2日目●ナイアガラ・オン・ザ・レイク~ナイアガラの滝~ハンツビル
3日目●ハンツビル~アルゴンキン~アルゴンキンハイキング
4日目●アルゴンキンハイキング
5日目●アルゴンキン~ハンツビル~トロント
6・7日目●トロント~成田
 行程終り
アルゴンキンの紅葉・ハイキング

アルゴンキン州立公園と国道60号線


アルゴンキン州立公園


カヌーレンタルアクセスポイント


アルゴンキン州立公園掲示板


湖面に映る紅葉


アルゴンキン州立公園


燃え上るアルゴンキン


紅葉1


紅葉2


紅葉3


紅葉4


カヌーレンタルアクセスポイント


キラニーロッジ・オフィス


今夜泊まるキラニーロッジ


ロッジ前の花


毒ゴケ・タマゴテングタケ


ビジターセンター・展示のムース


ビジターセンター・展示のオオカミ


人に馴れた小鳥達


ガチョウ


こちらを窺がうムース


水を飲むムース


美しいハンツビルの町


国道60号線と紅葉


紅葉の中を往く


燃えるような紅葉


のんびりと泳ぐガチョウ


ハンツビルの町と運河


ハンツビルの町の紅葉

ナイアガラの滝

広大なスケールのアメリカ滝(左)とカナダ滝(右)


アメリカ滝全景


高く立ち昇る水しぶきのカナダ滝


アメリカ滝


カナダ滝


「霧の乙女号」よりカナダ滝


膨大な水量と地底から響いてくるような轟音、そして高く立ち昇る水しぶきのカナダ滝

 アルゴンキン・ナイアガラの滝
 
ホーム プロフィール 故郷金沢 日本百名山完登歴 年度別山旅集 山岳標高ベスト100登頂歴 冬山登山 パノラマ写真館 雷鳥との出会い
日本の活火山 日本三百名山
世界百名山 世界自然遺産 都道府県の最高峰 一等三角点百名山 花の百名山 山の用語集